スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ネット取り締まりも・・・ →ブログランキングに参加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

海外向け法話

 ←ネット取り締まりも・・・ →ブログランキングに参加
2dd06ffa-s.jpg
・ どなたでも参加できます。

支部精舎
※本御法話は、布教所でも拝聴出来ます
後日、DVDになります。
御法話「This world is not enough」※字幕あり


日本ではこの3ヶ月、日本の会員の皆さんが真摯に、
熱心に日本の総選挙に挑戦しました。
このような戦いは、初めての挑戦でありました。
しかしながら、残念なことに、日本に於ける初めての挑戦は、
不成功に終わったことを皆様にご報告しなければなりません。

衆議院選においては、議席を獲得するには至りませんでした。
しかし、私たちはこれで、終わりだとは思っておりません。
これは、始まりです。
まだ、始まったばかりなのです。
日本の信者の皆様の頑張りには、心から感謝しています。
しかし、この選挙戦においては、どなたも皆素人でした。

ですから、十分な選挙テクニック等はありませんでした。
短い期間では、日本のマスコミを説得できませんでした。
それが、不成功の原因で、日本のマスコミの無明を
打ち砕けなかったのです。

彼らは、政党宗教に対して、誤解と言いますか、悪意を持ってみている。
日本の他の宗教政党や宗教政治団体とは違っているのですが、
違っている、違いを説いて、彼らを納得させられませんでした。

TV、新聞等、日本のマスコミは、私たちの政治活動を全く報道しませんでした。
公平の観点から言っても、私たちの活動は優れたもので
新しいもので日本の社会の中でも大変耳目を引くものであったと思います。

およそ80%の有権者が投票日に、幸福実現党の名前を知ってはいたが、
政党についての情報が何も与えられていませんでした。

新聞もTVも私たちの政党について何も情報が与えられていなく
有権者は私たちの党について知識がありませんでした。

殆どの有権者は、政党名は知ってはいたが、
この政党を選ぶべきか否かの判断ができなかったのです。
この政党はどんな政党かわからずに情報を与えられていなかった

つまりマスコミは、日本国民に対して、民主党か自民党か、
どちらの政党を選ぶべきだと伝えていた。

彼らは、アメリカ合衆国の様に、日本の政治においても
”Change”を求めたのです。

アメリカ合衆国では、オバマが”Change”の名の下に成功を収めました。

日本の民主党の次期首相の鳩山氏は、政権交代は
日本の政治の民主主義目的だと主張してきました。

、”Change”だけが求められて、
それが民主主義だと、彼らは訴えました。

”Change”が日本でも勝利を収めました。
日本人としては、それが理解し安かったからです。

この変化はアメリカでも起こった、日本でも今年起きるだろうと、予測されていた
日本 のマスコミはそう予測して、この秋にニュースにしようと図式を作った。

彼らは、この秋政府が替わるというストーリーを
5月の時点ですでに作り上げていました。

、5月に立党した訳ですが、すでに彼らはその時点で、心を決めていて
自民党から民主党への政権交代を創るストーリーを考えていた。
これは、作られたストーリーです。

我々は戦いましたが、マスコミと国民を説得する
時間的余裕がありませんでした。

私たちの活動についてインタビュー報じたのは海外のメディアだけであり、
マスコミはCMのために、私たちからお金を受け取とりましたが、
政党宣伝CMを流すだけで、政党政策を求めたりはしない
彼らが私たちを応援することはありません、説明したり、
その意見を伝える手伝いを全くしませんでした。
彼らは、ずっと私たちを無視し続けてきました。
それは私たちの敗北の原因だと考えます。

もし、彼らが平等に扱っていたら今回の得票の
10倍以上の票を得ることができたと考えます。
100万票しか取れなかったがもっと力があります
マスコミが幸福実現党を報道しなかったために、日本人は私たちを
信頼することが出来ませんでした。知ってはいたが、選べなかった、それが理由です。

これが最後だとは、私は思っていません。
これが、出発なのです。
新しいチャレンジ、何度でも何度でもしなければなりません。

何故なら天上界の天使達、大天使達の期待にこたえなければならない
裏切る事はできないないからです。

天上界の彼らはいつも、私達を支え、この世界、この国を変え、
この国の政府を変えようとしていた。
しかしまた別の観点から見て、敗北の原因は、私たち自身にもあったと考えます。

つまり私たちはこれまで、宗教家として団体として活動してきたので
政治的なことは関しては、知識も経験もない素人であると考えがちであったからです。
私たち自身も自信がなかったと言うことです。

私たち自身の責任です。この国を治めていく勇気が足りなかった。
しかし、もし日本の支持者の皆さんが、私の政治的意見を理解し
信頼してくれたら、それが日本の大成功、繁栄に繋がったのです。

古くからある政党は、政治について多くのことを知っていて、
政党としてどう活動すべきか、何が正しくて何が間違っているかを
判定できると考えがちです。

しかし、私たちは神の視点から視ています。
それを間違えてはいけない。

次の政府になる日本の民主党政権というのは、
アメリカの民主党政権とは違うのです。
日本人はアメリカの民主党と似ていると思っているが違う
非常に左がかった社民党の影響を受けた政権になっています。
ゆえに、国防や外交において不安があるのです。

なぜならアメリカの民主党は、「ルーズベルトの民主党」であり、
「ケネディの民主党」であるのです。
極端な左だと言われる、オバマであっても民主党が誇りにしている人たち。


O ここら辺(DVDではカットされるかも)

日本で言えば、民主主義の指導者たちは、
前首相の「安倍」や「麻生」と同類と言うことを意味します
ほとんど同じです。(なのに彼らを誇りにしません。)
自民党、右派と左派の違いであるのです。
アメリカの民主主義は社会主義ではない

日本は民主と言うと保守と思うが、民主の80%は社会党。
福島瑞穂の影響を受けています。社会党次の連立のパートナー。
民主は過半数を占めていないので、たった5議席の社民の力を
必要としている
彼らは日本国憲法の信仰者。社民党の党員は日本国憲法に
帰依しています。
ですから、この小政党は民主党に多くの影響を与える。

日本のメデイァ、近い将来、9月の時点で多くの危険な兆候を
示していると報道し始めている。外交政策、経済大事と言っている。
しかし、幸福実現党が主張し敵たこと。私が主張してきたことを
言い始めた。確かにこの2点に問題がある。
それが日本の問題と主張してきた。
近いうちに危機になると言い続けた。日米同盟も危機。

アメリカに対し、鳩山さんは本音では合衆国より、中国に強い親近感を
持っているかも知れないと、マスコミは思い始めた。

オバマは日米同盟が大事と言ってはいた。しかし内心は
日米安保条約を(外国との戦闘を意味するようなものではない)
アメリカは日本は”経済に対して協力”すればよく、軍事が
必要になった場合拒否するかもしれない。

日本の将来には、命取りになります。
日本人は軍備の強化を決意しなければなりません。
彼はそういう”協力”は考えていない。これは危険な兆候です。

日本の民主は経済に関し成長戦略は無い。子供手当てを
ばら撒くことを考えてはいるが・・。一方で、すでに建設中のダムについて、
前政権での、、群馬の70%完成している水力発電のシステム、
建設を凍結すると発表してます。
このダムに経済効果が無いし、国家予算の使い方を間違っていると言います。
しかし、彼らは、投資と消費、経費、の区別が出来ない。
投資と消費が区別できない。経営のリーダーなりえない。

(私たちの)次の本を読まねばならない。でも、
本を読み間違えるかも知れないので その場合、私たちの再び、何かの
政治行動が必要かもしれない。もっと信じる力が必要であり、
政治的活動の支持者が必要。もっと支持者を増やそうとしたが、

今回あまり政治的な人を説得できませんでした。
つまり、「信者なのに」、他の政党を支持した。
当会の中にそういう人たちも居る事、否定しません。なぜなら、
信仰と政治思想は少し違った面があるからです。しかし私たちは
もっと信頼に足りる、政党になる自信はある。次の選挙では今回ほかを支持した人にも、
幸福実現党を応援してもらえるようにしていかなければなりません。
私たちには信用信頼が必要です。知識吸収、政治手法に
自信を持たねばなりません。外交政策、経済成長政策、もっとも大事なこと。
(それを推し進めていく政党を選ばなかったのは、決定的な間違いだったかもしれません。)
上手くかけてない部分です。

私たちは政権変える為の次の機会もある。今回は政権交代は終わりましたが、
既に私たちは、新たな選択を公表しました。

「幸福維新」が必要です。次の選挙に持ち越さねばならない。
だから、この幸福維新への挑戦は、次の選挙まで続けられるべきです。

そこであえて外国人の信者に申し上げます、私たちは挑戦し、
今回成功しませんでしたが、しかしこれは終わりではなない。
。ベストを尽くしえず、次の戦いがある。その次も、またその次も闘うでしょう、
最善を尽くしましょう、これは、天上界から来る、私たちの希望と夢なのです
これが天上界の私たちに託された使命であり、地上に生きているもの
強くならねばならない。この夢を捨ててはならない。
それが真理の戦い。

正義の戦い、善悪の戦い、
負けるわけにはいかない
これは神と悪とのの闘いなのです。

私たちは日本にそして、近い将来、仏国土ユートピア世界を
建設しなければなりません。全世界に広げていきます。
それが日本人の本当の心なのです。

今回の結果に対する日本人信者の気持ちを、そう理解していただければ
いいと思います。数々のご支援有り難うございました感謝します。

これからも、ベストを尽くし希望、夢をもち、日本のデザインを忘れず頑張ります
私たちは、強くならなければならないのです。

世直しはこれから始まるのです




御法話「This world is not enough」
多少の聞き違いあったらごめんなさい。
なるべく聞き取ったつもりですが、
またいつでも、支部等にお尋ねになりお聞きください。
どなたでもOKです。”大体”、今ですと、立候補された方が
地域の支部長されてたりします。全てではありませんが。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ネット取り締まりも・・・】へ  【ブログランキングに参加】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。