スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←不惜身命 →阿波踊り・仏陀再誕 幸福実現党
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

2009.9.13相模原御説法「伝道の基本」より,2種、バージョン

 ←不惜身命 →阿波踊り・仏陀再誕 幸福実現党
あくしゅ
2009.9.13相模原御説法「伝道の基本」より,2種、別バージョン

バージョン参考  http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/0630a1d681d4decdc16c0871e4ff7c03http://blog.goo.ne.jp/usatama777/e/daaa53c420a61c5202f2ba25ea222cce
http://blog.goo.ne.jp/mao777cocoro/e/6a9a7c22240057ad082a37b36227248e

★相模原支部の巡賜御説法『伝道の基本』抜粋

「この夏は、みんな平等に涙の谷を渡りましたね(笑)
いい勉強になりましたね。一番は、伝道まだまだ。
本物の伝道しなくてはいけない。名前だけの伝道はいけない。
実質的な信者は少ないことに気づいたのでは。
中略
新しいことにチャレンジし続ける教団は他にない。
選挙に落ちたか、と、ほくそえんでいる教団もあるかもしれないが、
映画の宣伝が始まり、次は学園ありと、次々と懲りないヤツだと思っているだろう。
最初は90人から始まり、選挙に打って出るくらいになったのだから発展している。
志は時間をかけて必ず成就するものだ。大きな成功おさめている。
まだまだ失敗する余裕があるということは、発展を意味している。
☆信仰心に基づく伝道をして本物の信者を作る。
亀のごとくコツコツと忍耐を持ってやっていく。
うまずたゆまず継続していく。ヘコたれない。
この国のためにやれることはたくさんある。
政治活動によって法縁ができた人もいる。
当会の信者は入信動機が"真理の探究"なので、人脈づくりがヘタ。
年賀状100人に出せるくらい、人脈づくりにはげまないといけない。
宗教立国への夢。


2009.9.13相模原御説法「伝道の基本」より、
{追いつかなくて途切れ途切れですが/sakuya

この夏は活動御苦労様でした。
涙の谷を渡った人も多いでしょう。本部でも渡りましたよ~
(乾いた)砂地ばかりでしたから。
一番の勉強になった、。本物の伝道を。
3ヶ月の選挙運動は、八百屋さんが 魚を売っていた感じ。
専門で無いから、政治をよく知らなかった。

しかし、7000票しか取れない人いても、
17万票とった民主に、幸福の科学の支部長は出来ない。
ある程度の馴れが必要
・・・・略
焦らないでやる、このままあきらめてもいけない
亀の如く、引き締めて  もう一度、
今は次の建て直しに基本に戻って考える

宗教の違い、93年の調査では
幸福の科学と、立正佼成会の入信動機は幸福の科学は、「真理の探究」が69%。
佼成会は貧・病・争(人間関係)、(↓に◎よくわかる新宗教・関連記事、個人で調べてみました)
幸福の科学は、大人のための機関。森羅万象、勉強場所で格調高い団体。
真理の探求のために集う人が多いということは、本を読むこととが好きな人、
活字を読む人ばかりで選挙する人ではない。
強みは弱みになる、他の人を寄せ付けない。
伝道、難しいと言える、学ぶ宗教。特徴は弱点。
・・・・・・・
選挙
0候補が地元で出て、応援させた。
0党の名前が難しかった?ひらがなでない。
0言っている政策が難しすぎた

(言ってる事の影響はあった、)日本もロケットを打ち上げた、影響はでているようだ。
消費税廃止も理解不能だったよう。はずすと財政赤字増えると思う。
理解するのに政治家の頭では無理かもしれない。
教えは豊富で、いろんな層にアプローチ。努力の余地あり、不惜身命。
相手に合わせた事を言わなきゃならない。顔を見て、その人たちにあわせてが必要になる。


選挙に落ちたこと、「ざまあみろ」といってた人たち、「幸福の科学は懲りないな~」、と思っている。映画公開に向け執りかかっており、その後は
学園ができ、エリート校へと続く。懲りない人たち、へこたれない。

1986年から、90人から始まり、選挙に出るくらい発展してきている。
千葉正心館で、平均19~8歳に、話した。
40~50歳の おじさんおばさんたちが、チャレンジした。
チャレンジしたが、全員討ち死にしてますが。(笑)

若者も頑張らなくてどうするとゲキ。
(その上)を乗り越えて、いってください。
(民主)で、受かった人のほうが、えらいなんて思わない。
信仰伝えられる人、年賀状100人ぐらいいないと。

以上

聞き違い、あるかもしれません( ゜д゜)ン。支部、精舎にてどうぞ、38分御法話

総裁先生の人間味あふれる飾らない、何気ない、そのまんまの言葉って、心に響きます。


◎よくわかる新宗教http://homepage1.nifty.com/yumiyama/essay/nrm01.htm

そうすることによってオウム真理教という一見特殊に見える教団の登場も、新宗教の流れのなかに位置づけられ、冷静にとらえ .... 昭和二十年代から三十年代にかけて、霊友会、パーフェクト・リバティ教団、生長の家、世界救世教、立正佼成会、創価学会といった教団が躍進を遂げたことは前回述べた。 ... 新宗教の入信理由は貧・病・争(人間関係)といわれ、これは当時のまだ貧しかったころの日本の社会状況を反映していた。

◎1995年から1996年にかけて『産経新聞』宗教欄「よくわかるシリーズ」、連載




関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【不惜身命】へ  【阿波踊り・仏陀再誕 幸福実現党】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。