スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←光メール →与那国陸自配備で  防衛相「検討に値する」はずでは???
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

世界の生まれ変わり伝説

 ←光メール →与那国陸自配備で  防衛相「検討に値する」はずでは???
世界の生まれ変わり伝説


イエス・キリスト 旧約の預言者エリヤの再来でもあるという伝承が遺っている
(イエスではなくヨハネがそうだという説も)。

ダライ・ラマ(チベット仏教の指導者) 観音菩薩の生まれ変わりだと
信じられている。

聖徳太子 天台宗の開祖・天台智_の師である南嶽慧思の
生まれ変わりだと言われていた。

行基 ―薬師如来の生まれ変わりと言われている。

法然(浄土宗) 勢至菩薩の生まれ変わりと言われている。

上杉謙信 毘沙門天の生まれ変わりだと自他共に信じられていました。

武田信玄 曽我兄弟の五郎(鎌倉時代の英雄)の
生まれ変わりとされました。

マルクス・アウレリウス(ローマの皇帝) ヘラクレスだと信じていました。

アレキサンダー大王 ゼウスの息子アキレウスの生まれ変わりだと
自ら公言していました。

サダム・フセイン サラディンの再来を自称していました。

プーチン首相 聖パウロの生まれ変わりだとして
崇拝している人たちがいます。


このように、時代や洋の東西を問わず、
生まれ変わりの思想は連綿と続いていることが判ります。

仏陀再誕伝説とは

仏陀は、地上を去る前、自らの再誕を予言したといわれている。
今もインドで信じ続けられている「仏陀再誕」とは─

インドの世界文化遺産のアジャンター石窟寺院は、第一窟から
三十窟に及び、
今から1500年ほど前に造られたそうです。

石窟内に入ると、壁には数多くの仏陀像の彫刻、約7メートルに及ぶ
釈迦涅槃像や、当時のお墓であるストゥーパ(仏塔)がいくつもあり、当時の
仏教文明の高みを感じさせる光景があります。壁画には本生譚などの
説話を描いたものもあり、アジャンター石窟寺院には、仏陀の入滅や
転生に関する作品が多いようです。


その石窟群の一つに、仏陀再誕に関する興味深い、
第十七窟の「過去七仏と未来仏の壁画」がある。
壁画には8人の仏陀が描かれている。左から6人目までが過去仏、
7番目は釈尊、そして8番目に描かれている仏陀こそ未来仏です。
未来仏は頭に王冠をかぶり、ネックレスやブレスレットを身につけ、
洋服を身にまとって瞑想している姿で描かれています。

1500年の歳月を経て、今もなお、その壁画は現代人に
仏陀の再誕を
予言し続けているのです。


。アジャンター石窟寺院から程近いアジャンター村にも、
仏陀再誕に関する伝説が残っており、村人たちはこう語ります。

「入滅から2500年後に仏陀が再誕するという話は、この村
すべての家に伝わる伝承です。仏陀は仏教が伝わった国に
再誕すると聞きました。

日本、タイ、中国、それからスリランカなどの国です」
「仏陀が入滅してからすでに2500年経っているので、
もしかしたら、もう生まれているのかもしれません」

仏陀再誕は過ぎ去りし物語ではなく、現在進行形で信じられ、
その実現を待ちわびている人が数多くいるのです。


もし・・・・・現代に仏陀が再誕したら─




人は、どう生きる、何をするのだろう・・

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【光メール】へ  【与那国陸自配備で  防衛相「検討に値する」はずでは???】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。