スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2009.9.22八戸支部精舎説法『地獄からの脱出』 →速報・・2009年9月27日 富山中央支部精舎ご説法 「神と悪魔」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

米政府、鳩山首相の「東アジア共同体」に

 ←2009.9.22八戸支部精舎説法『地獄からの脱出』 →速報・・2009年9月27日 富山中央支部精舎ご説法 「神と悪魔」
cat08012922005.jpg
鳩山首相の「東アジア共同体」に
強い反対 不信と懸念強める (1/2ページ)
2009.9.28 18:40
産経 【ワシントン=有元隆志】鳩山由紀夫首相が国連総会の一般討論演説で表明した「東アジア共同体」構想に対し、米政府高官が米国抜きの構想だとして強く反対する意向を日本側に伝えてきたことが28日、分かった。日米関係筋が明らかにした。

 就任直後の訪米で、オバマ米大統領との信頼関係の醸成に自信を示した首相だが、首相の外交政策への米側の懸念がかえって強まっていることを示している。

 同筋によると、構想に反対し懸念するとの意向は、24日の首相の演説直後に米政府高官が日本政府高官に伝えた。

 首相は23日に行われたオバマ大統領との初会談では、アジア政策は日米同盟なくしては成立しないとの認識を強調したものの、「東アジア共同体」構想については説明しなかった。

 ところが、翌日の国連演説で、首相は「FTA(自由貿易協定)、金融、通貨、エネルギー、環境、災害救援など、できる分野から協力し合えるパートナー同士が一歩一歩協力を積み重ねることの延長線上に、東アジア共同体が姿を現すことを期待している」と述べ、構想の実現に強い意欲を表明した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090928/plc0909281843009-n1.htm
日米同盟の危機じゃないですか!!


党機関紙「幸福実現NEWS」より


鳩山由紀夫首相は、選挙中から述べていた
「東アジア共同体構想」の“具体化”に動き始めました。


(産経新聞23日朝刊)

東アジア共同体構築 日中首脳会談 首相「村山談話を踏襲」

 鳩山由紀夫首相は21日夜(日本時間22日午前)、中国の
胡錦濤国家主席とニューヨーク市内のホテルで会談した。
首相は東アジアの新たな経済協力や安全保障として
提唱してきた「東アジア共同体」構想に言及し、
「日中の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、構築したい」と述べた。


(産経新聞25日朝刊)
日韓首脳 米と3カ国連携一致 首相「歴史見つめる政権」
鳩山由紀夫首相は23日午後(日本時間24日未明)、
ニューヨーク市内のホテルで韓国の李明博大統領と会談した。
北朝鮮問題で両首脳は、米国を加えた3カ国の連携を継続していくことで一致。
当面は国連安全保障理事会決議の制裁措置を速やかに実施することと、
北朝鮮に6カ国協議への復帰を求めていくことなども確認した。
(引用以上)
 鳩山首相は24日午前(日本時間同日夜)に行われた
国連安全保障理事会の首脳会合においても、東アジア共同体に言及しました。

気になるのは、中国に対してこの構想を持ちかけていながら、
韓国大統領との会談では、一切触れていないことです。

本来、政治的な共同体ということならば、まず民主主義の価値観を
共有する韓国に対して打診すべきものです。
中国に先に持ちかけているということは、民主党が中国の全体主義体制により
親和性を感じているということになります。

また、鳩山首相は安保理首脳会合で、核廃絶に向け
「日本は先頭に立たなければならない」と述べる一方で、日本に対して
核ミサイルを向ける中国の胡錦濤主席との会談では、
一切この問題には触れませんでした。

これを見れば、鳩山首相が考えている「東アジア共同体」は、
中国の核の傘に入るということを意味します。
これからも鳩山政権の「友愛外交」に警鐘を鳴らしていきましょう。


(党機関紙「幸福実現NEWS」編集部)


米政府、鳩山首相の「東アジア共同体」に
強い反対 不信と懸念強める (1/2ページ)
2009.9.28 18:40
産経 【ワシントン=有元隆志】鳩山由紀夫首相が国連総会の一般討論演説で表明した「東アジア共同体」構想に対し、米政府高官が米国抜きの構想だとして強く反対する意向を日本側に伝えてきたことが28日、分かった。日米関係筋が明らかにした。

 就任直後の訪米で、オバマ米大統領との信頼関係の醸成に自信を示した首相だが、首相の外交政策への米側の懸念がかえって強まっていることを示している。

 同筋によると、構想に反対し懸念するとの意向は、24日の首相の演説直後に米政府高官が日本政府高官に伝えた。

 首相は23日に行われたオバマ大統領との初会談では、アジア政策は日米同盟なくしては成立しないとの認識を強調したものの、「東アジア共同体」構想については説明しなかった。

 ところが、翌日の国連演説で、首相は「FTA(自由貿易協定)、金融、通貨、エネルギー、環境、災害救援など、できる分野から協力し合えるパートナー同士が一歩一歩協力を積み重ねることの延長線上に、東アジア共同体が姿を現すことを期待している」と述べ、構想の実現に強い意欲を表明した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090928/plc0909281843009-n1.htm6ed96dd3.jpg


日米同盟の危機じゃないですか!!


党機関紙「幸福実現NEWS」より


鳩山由紀夫首相は、選挙中から述べていた
「東アジア共同体構想」の“具体化”に動き始めました。


(産経新聞23日朝刊)

東アジア共同体構築 日中首脳会談 首相「村山談話を踏襲」

 鳩山由紀夫首相は21日夜(日本時間22日午前)、中国の
胡錦濤国家主席とニューヨーク市内のホテルで会談した。
首相は東アジアの新たな経済協力や安全保障として
提唱してきた「東アジア共同体」構想に言及し、
「日中の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、構築したい」と述べた。


(産経新聞25日朝刊)
日韓首脳 米と3カ国連携一致 首相「歴史見つめる政権」
鳩山由紀夫首相は23日午後(日本時間24日未明)、
ニューヨーク市内のホテルで韓国の李明博大統領と会談した。
北朝鮮問題で両首脳は、米国を加えた3カ国の連携を継続していくことで一致。
当面は国連安全保障理事会決議の制裁措置を速やかに実施することと、
北朝鮮に6カ国協議への復帰を求めていくことなども確認した。
(引用以上)
 鳩山首相は24日午前(日本時間同日夜)に行われた
国連安全保障理事会の首脳会合においても、東アジア共同体に言及しました。

気になるのは、中国に対してこの構想を持ちかけていながら、
韓国大統領との会談では、一切触れていないことです。

本来、政治的な共同体ということならば、まず民主主義の価値観を
共有する韓国に対して打診すべきものです。
中国に先に持ちかけているということは、民主党が中国の全体主義体制により
親和性を感じているということになります。

また、鳩山首相は安保理首脳会合で、核廃絶に向け
「日本は先頭に立たなければならない」と述べる一方で、日本に対して
核ミサイルを向ける中国の胡錦濤主席との会談では、
一切この問題には触れませんでした。

これを見れば、鳩山首相が考えている「東アジア共同体」は、
中国の核の傘に入るということを意味します。
これからも鳩山政権の「友愛外交」に警鐘を鳴らしていきましょう。


(党機関紙「幸福実現NEWS」編集部)
関連記事
スポンサーサイト

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2009.9.22八戸支部精舎説法『地獄からの脱出』】へ  【速報・・2009年9月27日 富山中央支部精舎ご説法 「神と悪魔」】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。