スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←幸福実現党を”カルト”と見做している「博士の独り言」ブログ →世界の300の国のどこの国にとっても常識
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

追記しました・。映画「仏陀再誕」の中に答えがある・・・

 ←幸福実現党を”カルト”と見做している「博士の独り言」ブログ →世界の300の国のどこの国にとっても常識
映画「仏陀再誕」の中に答えがある・・・


この日本という国に、もし仏国土を創らんとする

ならば、すべからく、日本国民は信仰心に

目覚めなければならない。…
信仰心というものを、しっかり土台として

つくらなければならない。およそ、信仰なくば

すべてのものは不毛である。

信仰心があって教育を受けて、はじめて教養

というものはできてくる。もし、信仰心の基礎なくば、

いくら学問的つめこみをしても、真の教養は

生まれない。

それらは、偽物の教養である。


『仏陀再誕』より☆彡 ☆彡 ☆彡





日曜日、切符をお渡しした保険のお姉さんが、

友達と二人で、日曜日に観に行かれました。

ご感想をいただきました。


「昨日は早速、先日のアドバイスのように主人公に
なりきって見てみました。突然ついた霊能力に戸惑いながら、
真実を追求するために危険を考えずに操念会へ駆け込むような
ところは共感できました。

けど、突然UFOが現れた時、日本が大津波に飲まれそうな
時には恐怖を乗り越えて立ち向かえるだろうかと言ったら
できないと思います。
また荒井に捕らわれた後に連れて行かれた球場のシーンでは、

自分の一言で自分と数万人の観客の命が奪われるとしたら、
私だったらあの場で「荒井東作が本物です」と嘘をついて
いたかも知れません。

主人公の性格は特に強いワケでもなく人並みであっただけ、
いざという時に立ち向かえる情熱、正義を貫き通す勇気に
感動いたしました



ありがとうございました。m(_ _)m」




『信念の力』というものを持たなければいけません。

・・信念は、『これは真理である』ということを強く信じること、

『真なる信仰』から出てくるのです。」

(『崩れない精神を持て』より)




>自分の一言で自分と数万人の観客の命が奪われるとしたら・・

もっとも罪深く恐ろしいことは、肉体の命よりも、思想の力で

生きているうちに多くの人の魂を狂わせて

神仏のいない違う方向に導くこと。。。影響力があればあるほど

それらが死後「悪魔と呼ばれる存在」になっていく・・

大切なこと・・

過去の過ち、、敗北感は、苦悩としてだけ捉えていては、
何も救われない。
その中から、何らかの答えを見出す・・
教訓とし、同じようなことは、
もう繰り返さない・・・
よい方向に変えていくことが、出来るということだ。
その為に失敗も挫折も、それに伴なう苦悩はある、
と考える。

竹島のこと・・・あれも変えていくべきだろうし、さらに、
同じ二の舞いを踏まないためにも、国を守ろうという
意思を強く持ち、 いまから見える行動が、必要だと思う。
2009/02/09(月) 03:15:50 | URL | たま

ブログのない頃の博士ブログへの過去のコメント・・・今この言葉を贈りたい

此処と関連の記事ですhttp://blog.goo.ne.jp/mao777cocoro/e/1cf633d2252dcc14aac274549a28ae6b
2009携帯2 096
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【幸福実現党を”カルト”と見做している「博士の独り言」ブログ】へ  【世界の300の国のどこの国にとっても常識】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。