スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←アメリカ政治の流れが変わった! →民主党政権における安全保障上の危機
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

人は死んだら、どうなるの?

 ←アメリカ政治の流れが変わった! →民主党政権における安全保障上の危機
人は死んだら、どうなるの?

Spiritual Report

綾小路有則さんのレポートです!
top01.jpg

2009年11月5日(木)

ほんの一部分ですので
読み入ってきてください

★帰天後の霊の状態
先ほど、あるマイミクさんから質問を頂いたのですが、
よく考えたら、どなたでも考える素朴な疑問と思えましたので、
返信の内容をスピリチュアル・レポートで発表することに
致しました。

★質問1

「人は何度も転生輪廻しますが、
 帰天後は、いつの転生の姿で
暮らしているのでしょうか? 」

一番新しい姿で暮らしています。
霊界の『魂の兄弟(グループ・ソウル)』たちも同様です。
彼らは、地上で人間として暮らしていた際の最新の姿で
暮らしているのです。

その理由は、新しい姿の方が、馴染みがあるからだと思います。
霊であっても、数千年前の記憶はおぼろげになってまいりますので、
大昔の姿には、親近感がわかないから、…なのかもしれません。

ただし、

八次元『如来界』以上の大霊が仏像や天使のような姿になるのは、
下位の霊人とコミュニケーションを取る際に、
彼らが認識しやすいよう、方便的に表すときのみです。

八次元以上の大霊たちは、通常は、
個性を持った巨大な『光』として存在しています。

★質問2
「天上界では、皆さん、何歳くらいの姿で
暮らしているのでしょうか? 」

年齢は、自分の好みの歳に設定しているようです。
ただし、亡くなってから数ヶ月間、
人によっては、3年くらいは、
亡くなった当時の姿で暮らしている方が多いです。
それは、なぜかと申しますと、

要は、自分の姿を変えられることが実感できるようになるまでは、
それができないということなのです。
恐らく、四~五次元の霊人の変身能力は、
せいぜい年齢の調整ができるくらいだと思われます。

四次元あたりだと、
自分の意志で、年齢を調整できる方もいるかもしれませんが、
無意識に好みの年齢に変化していく方も多いかもしれません。


たとえば、90歳のお婆さんが、
帰天してから3年ほどが過ぎ、
次第に、自分が一番生き生きとしていた、
女盛りの年齢に姿が変化したとしましょう。
彼女は、
「うわぁ~、嬉しい! 天国って凄いな♪(^^)」
と喜んで、機嫌良く暮らしていくのですが、

それから100年以上が過ぎ、霊界での生活に
なれてまいりますと、

帰天直後は、お婆さんの姿をしていた
事実を忘れていたり、
自分が霊であることすら忘れていたり、
過去、自分が地上世界に生まれ変わっていたことも
忘れていたり、
そもそも、今いる場所が霊界であることすら
忘れている方も多いようです。

(五次元でも、こんな方が、案外多いかもしれません。 (´ヘ`;)

実は、この霊的な『認識力』が開花しないため、
幽霊は亡くなった時の姿まま、彷徨い続けている
ケースが多いのです。
たとえば、事故で亡くなった方は、怪我をした
姿のままで何十年も、
「痛い痛い! 誰か私を助けてくれ!
 なぜ、みんな私を無視するのだ?!」

と、怒りながら徘徊したり、憑依したりしています。

↓現在上映中の 映画『仏陀再誕』でも説明していましたが、

You Tube「仏陀再誕・予告編」
(下記の描写が、予告編の中にあります。)

電車に飛び込んで自殺した霊などは、
何度自殺しても、自分が死んでいることを理解できず、
ホームで、ウツ病気味の人間に憑依して、
何度も自殺を試みようとしています。

この理由は、自殺者が『唯物論 教育』の影響を受けていて、
現在の体が、『肉体』ではなく『幽体』であることに気付けないため、
不毛な行為を繰り返しているのです。

また、病気で亡くなった方も同様です。

既に肉体から魂が抜け出て、病から脱却できているはずなのに、
生前の意識を引きずっていて、七転八倒している方が多いのです。

ですから、唯物論の方が亡くなった場合は、
お迎えの霊人にお坊さんなどの聖職者をよこすのではなく、

医療霊団のお医者さんや看護士さんを迎えに行かせ、
治療を装いながら、故人を説得します。

そして、痛みが治まり、
「どうやら自分は死んだらしい…」
と、おぼろげながらも納得できたあたりで、
お坊さんや、先に亡くなった両親などを迎えに行かせます。
そうでないと、
「おまえ、もう亡くなったんだよ。
 私たちが迎えに来たんだよ!」
と、両親が説明しても、

「幻覚が始まったぁー!
 あははのはー!!ヾ(@°▽°@)ノ」
と言って、故人のパニックを助長するだけだからです。
(漏れ聞く噂によりますと、迎えに行く方々は、
けっこう気を使って、疲れるらしいです。(^^;)

↓続く・・・・・S.Ayanokohji
スピリチュアル・レポート


http://www.h2.dion.ne.jp/~ayan/index3.html
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【アメリカ政治の流れが変わった!】へ  【民主党政権における安全保障上の危機】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。