スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←2009/11/08 幸福実現党 は民主党「永住外国人地方参政権付与」法案に対し、抗議声明を発表しました。 →鳩山首相の珍答弁をお楽しみください。 テレビ未 放送です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

日本が日本人のものでなくなる

 ←2009/11/08 幸福実現党 は民主党「永住外国人地方参政権付与」法案に対し、抗議声明を発表しました。 →鳩山首相の珍答弁をお楽しみください。 テレビ未 放送です
11月8日
幸福実現党 政調会長
黒川白雲氏の記事です

日本が日本人のものでなくなる
「友愛革命」


幸福実現党は、選挙期間中より「民主亡国」の
危険性を強く訴えてまいりましたが、残念ながら
民主党が政権を取り、今、国難が現実化しようと
しています。

鳩山首相が所信表明演説で「現在、鳩山内閣が
取り組んでいることは、言わば『無血の平成維新』
です」と語りましたが、鳩山首相は本気で「革命」
を起こそうとしています。

現在、臨時国会で、民主党が、永住外国人への
地方参政権付与法案を提出する構えを見せて
います。「在日問題」はマスコミではタブー視されて
おり、予想通り、産経新聞を除いては、大手マスコミ
の多くは本問題について基本的にスルーしています。
しかし、ここで私たち国民が「反対」の声を強くあげ、
食い止めなければ、民主党+公明党+自民党
左派の「数の暴力」で本法案が押し通される危険性が
高まっています。

民主党にとって、外国人参政権は、「結党以来の基本
政策」であり、「党是」のようなものです。そして、
鳩山首相にとっても、「友愛」=「外国人参政権」と
いう信念になっています。鳩山首相は、本年4月17日に
ニコニコ動画で、以下のように述べています。



「定住外国人は税金を納め、地域に根を生やし、
一生懸命頑張っている。その人たちに参政権
ぐらい当然付与される
べきだと思っている。日本列島は日本人だけの
所有物じゃない。仏教の心を日本人が世界で
最も持っているはずなのに、
なんで他国の人たちが、地方参政権を持つこと
が許せないのか。もっと多くの方に喜んで
もらえるような土壌にしなければだめだ。」
この発言が問題化したことを受けて、4月25日の
記者会見で鳩山氏は次のように答えています。

「国民に大いに議論してもらいたい。
これ(外国人参政権)
は大きなテーマ、まさに愛のテーマだ。
友愛と言っている原点がそこにあるからだ。
地球は生きとし生けるすべての者
のものだ。そのように思っている。
日本列島も同じだ。」

鳩山首相の「友愛革命構想」は
、「東アジア共同体」なる
ものを作り、日本に永住外国人をどんどん
増やし、参政権を付与し、日本を「世界の人たち
皆のもの」にしていくことだ
ということが明らかになりました。

一国を預かる宰相が、「地球市民」
「グローバル思考」と
いった「国家否定」のリベラル左派思想で
「この国のかたち」を構想していくことは
極めて危険です。
「参政権」は「友愛」や「喜んでもらえる」
「愛のテーマ」といった次元の問題ではありません。
「参政権」とは「国家の主権者は誰か」を
決める国家の根幹に関わる問題です。
すなわち、「外国人参政権」とは、
「国家主権に対する侵害」
行為であるのです。こうした重大事を
マニフェストでは隠蔽し、

国民の議論も了解もないまま、法案成立を
断行することは国民への背信行為です。

他国籍を持ち、他国に対する「国家への忠誠義務」
を持つ外国人が参政権を持つことは、日本という
「国家」が解体されていくことを意味します。

他国への忠誠義務を持った外国人が、
地方と言えども、日本の統治をコントロールする
事態に至ることは、国家にとって
大変危険な状態になります。
移住者を増やしていけば、北朝鮮など日本と
敵対する国家が、簡単に日本を操作できるように
なります。

もし、永住外国人の方が「参政権」を得たいなら、
日本国籍を取得し、帰化して頂くことが筋です。

日本国籍を取得する際には、「重国籍防止条件」
「憲法遵守条件」がありますので、他の国家に
対する「忠誠義務」から解放され、
「日本」という「運命共同体」に入ることに
なりますので、他国からの主権侵害を回避する
ことができます。

民主党議員には「地方参政権であれば
大きな問題にならない」
という楽観論もありますが、地方自治体で
あっても、安全保障とは密接に関わりますし、
自衛隊基地や米軍基地の
所在地に集中的に住民票が移され、国防施設に
大きな影響力を行使される危険性もあります。

都道府県に設置されている
警察組織(公安組織)などに
影響を及ぼされる可能性もありますし、
教育委員会に影響を与え
、反日教科書・自虐史観教科書を選定し、
反日教育が合法的に行われることも起こりえます。

そもそも、日本国憲法15条1項に
「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、
国民固有の権利である」と
あるように、「参政権」は「日本国民固有の権利」であり、
「外国人参政権の付与」は明確な「憲法違反」です。

小沢一郎幹事長は、内閣法制局長官の
国会答弁を封じる
方針を出していますが、これまで「法の番人」
であった内閣法制局長官を封じることで、
事実上、小沢幹事長が
憲法解釈の権限を一手に握り、「憲法違反」
の立法も進めやすくなっています。

鳩山総理は、5日、国会答弁で自民党の
稲田朋美議員から
「憲法15条に違反するのではないか?」と聞かれ、
しどろもどろになりながら、次のように答えています。

「お尋ねの、確かに法改正が必要な部分も、
あるいは
……憲法失礼、憲法15条……
、失礼、憲法の問題……、
憲法ですよね?憲法15条というものに
対して、私は、従いまして、様々な 難しい
問題があるということは
認めておりますが、必ずしも憲法に
抵触をしないでも、地方参政権を
与えることは
可能ではないかとその様に
思っておりますが

しかしいずれにしても難しいテーマで、
根幹に関わる問題でありますだけに
大いに議論を、
こういった議論をしていただきたいと、
その様に
考えております」

首相も「根幹に関わる問題」「(憲法上)
難しい問題がある」法案をなぜ強引に
押し通そうとするのでしょうか?

毎日新聞は「小沢氏は、衆院選前から
在日本大韓民国民団(民団)の会合に出席するなど
接触を続けており、民団側は
付与に賛成する候補者の支援に踏み切っていた」
と報道しておりますが、民主党の「集票」のために
「国を売る」ことは
断じて許されません。

民主党の一部には、「外国人参政権」に
反対の議員もおり、
国民が強い「反対の声」を結集すれば、
本法案を廃案に
追い込むことも可能だと信じる次第です。

本ブログをお読みの皆さまも、是非、
様々な手段で「反対の声」を民主党政権や
国民の皆さまにお伝え
いただきたいと思います。

昨日、幸福実現党からも本法案の
提出に対して、
強い抗議声明を発表しました。

私たち国民の力を結集し、国家解体を
もたらす鳩山民主党の
「無血友愛革命」を止めて参りたいと
強く思っております。
http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/2009/11/118.html
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2009/11/08 幸福実現党 は民主党「永住外国人地方参政権付与」法案に対し、抗議声明を発表しました。】へ  【鳩山首相の珍答弁をお楽しみください。 テレビ未 放送です 】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。