スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←渡部昇一氏「大道無門」 ゲスト:三橋貴明氏 →成果は見えてきた、が、油断はできない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

民主党 外国人参政権 「違憲」

 ←渡部昇一氏「大道無門」 ゲスト:三橋貴明氏 →成果は見えてきた、が、油断はできない
三橋貴明氏のブログから抜粋させて頂きました。

民主党 外国人参政権 「違憲」

【主張】外国人参政権 「違憲」の疑い論議尽くせ
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091110/plc0911100249002-n1.htm
 民主党内で、永住外国人への地方参政権付与法案を
議員立法で今国会に提出しようとする動きが起きている。
同党の山岡賢次国対委員長が自民党の川崎二郎国対委員
長にこれを伝え、「場合によっては、党議拘束なしで
(採決を)行いたい」とも述べた。
 しかし、この法案は選挙権を国民固有の権利と定めた
憲法15条に違反する恐れがある。国民の主権を脅か
しかねない法案であるにもかかわらず、それを党議拘束
なしに採決しようというのは、あまりにも乱暴である。

 しかも、民主党は今夏の衆院選に向け、永住外国人への
地方参政権付与を党の政策集に掲げていながら、
マニフェスト(政権公約)から外した。マニフェストに
ないものをなぜ急ぐのかも疑問だ。(後略)』

 永住外国人への地方賛成権付与問題が、切迫した状況に
なってきました。
 まずは「外国人の地方参政権」問題の基本的知識について
述べておきますが、永住外国人に地方参政権を付与するのは、
憲法15条1項「公務員の選定罷免権は国民固有の権利
」に違反します。すなわち「違憲」です。どうしても
永住外国人に地方参政権を付与するならば、憲法を改正
せねばならず、実際にフランスやドイツはそうしました。
 また、憲法93条2項において、「地方公共団体の長、
その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その
地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。 」と
なっていますが、この住民とは平成7年2月28日 の
最高裁判所判決において、
「住民とは、日本国民を意味する」
という判決が確定していています。最高裁は
「地方参政権」についても、外国人の参加を違憲と判断
したのです。このとき、「拘束力のない傍論」において
「国の立法政策に委ねられている」と発言した裁判官が
いたため、在日韓国人らは「最高裁が外国人の
地方参政権を認めた」などと意味不明なことを言っている
わけですが、「拘束力のある判決」では違憲判断され
たのです。
 税金を支払っている云々は、「国民」や「参政権」と
は全く関係ありません。「地方参政権であろうとも、
外国人参政権は違憲」と、最高裁判所の判決が確定して
いるわけです。外国人参政権推進派は、例により
ダブルスタンダードやら、主張のすり替えやらを
繰り返しています。 当初は、
「韓国が在韓日本人の地方参政権を認めたのだから、
日本も認めろ」と、「相互主義」を主張していました。
 韓国の外国人への地方参政権付与は、永住権獲得や
投資実績、収入制限など様々な条件がついているの
ですが、その辺はスルー。さらに、日本に永住する
韓国人が五十万規模であるのに対し、韓国に永住する
日本人は数百人程度に過ぎないのもスルー。
 挙句の果てに、今回の民主党の地方参政権付与法案は、
母国では自由選挙が存在しない「中国人」にまで
参政権を与えるという異様なものになっています。
もはや「相互主義」ですらないのです。

『外国人参政権を永住中国人にも 「相互主義」
とらず 民主検討案判明
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911100012000-n1.htm 』 そもそも、産経新聞の記事にもあるように、
民主党は選挙戦のマニフェストから、外国人参政権を
わざわざ外したわけです。何しろ、「永住外国人への
地方参政権付与を容認すべきか」というアンケートに
対し、日本人の95%が「NO!」と回答するのが、
現実なのです。日本人の95%は、永住外国人へ
地方参政権付与に反対なわけです。

『【私も言いたい】永住外国人への地方参政権付与 
「反対」圧倒的な9割超
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911100012000-n1.htm 』 マニフェストにおける「外国人参政権隠し」で、
民主党はまんまと政権をせしめました。結果、
過去の「外国人賛成権隠し」や国民の総意が存在して
いないかのごとく、外国人参政権法案成立に向けて
動き出しました。
 今、わたくしたちが抗議しなければ、なし崩し的に
この異様な外国人参政権が成立してしまうでしょう。

■外国人参政権に反対する会・公式サイト  http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/  ■緊急拡散「参政権反対FAX 」宜しく! 
http://freejapan.tv/?News%2F2009-11-07

 先日もお知らせした通り、わたくしもこの件で
11月14日(土)に有楽町に出撃します。http://www.ch-sakura.jp/topix/1290.html

以上、
大ブログ 実力NOワン d(*⌒▽⌒*)b
新世紀のビッグブラザーへより
 http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10384968546.html

わたくしもこの件で、FAXと、
11月14日(土)に有楽町に出撃しようと

思っております!








http://www.ch-sakura.jp/topix/1290.html
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 指定なし

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【渡部昇一氏「大道無門」 ゲスト:三橋貴明氏】へ  【成果は見えてきた、が、油断はできない】へ

INDEX

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。